お酒の楽しみ方
トップ > お酒の楽しみ方

四季折々に楽しむお酒

季節に合わせて、楽しむお酒もさまざま。
その呼び名をご紹介します。

冬の間、じっとしていた身体を
目覚めさせるような
生命力にあふれた
味わいを楽しみます。

フレッシュで爽やかな香味と
涼感を楽しみます。
※冷やし過ぎると、香りが乏しくなるので、
約5℃に冷やした後、1~2分程度、常温に置くと、
呑むときに香りが開き、美味しく味わえます。

晩冬に仕込んだ酒を、ひと夏、
熟成させた旨味の濃い日本酒。
常温、または、ほんのり温かい
人肌燗でお楽しみください。

体中に旨さがしみわたる
原酒タイプの日本酒。
心身を温める燗酒で
お楽しみください。

燗で楽しむ

「“ひや(常温)”で楽しむ」と決めているお気に入りの日本酒も、 少しお燗をすることで、ふわりと香りが開き、 思いがけない美味しさに出会うことがあります。

○おいしい燗のつけ方

❖鍋にたっぷりの水を入れて火にかけ、60℃に達したら火をとめます。

❖徳利(一合)を静かに沈め、ぬる燗なら約3分、上燗なら約5分を目安に取り出します。

※冬は、さらに、10℃上げるとおいしくなります。


○燗の呼び名

日向燗:30℃、人肌燗:35℃、ぬる燗:40℃、
上燗:45℃、熱燗:50℃、飛び切り燗:55℃

料理と楽しむ、
季節の旬を楽しむ

日本酒は、造りや熟成度、火入れの有無などによって、味が異なります。
それぞれの特長に合わせて、料理や季節でお楽しみください。

◯料理と楽しむ

日本酒の種類 風味の特長 おススメの料理
吟醸酒 香りが高く、キレがある味わい 淡白な素材をあっさり味付けした料理
(白身魚の刺身やカルパッチョ、おひたしなど)
食前酒や食後酒にもグッド!
純米酒 米のふくよかな香りと
コクのある味わい
しっかりと味付けしたご飯のおかずのような料理
(魚の煮付け、煮物、肉料理など)
本醸造酒 淡麗辛口、
スッキリとした味わい
シンプルで軽い料理
(冷やっこ、塩辛、酒蒸し、かまぼこ、漬物など)
生酒 口当たりやのど越しがよく、若々しい味わい シンプルな味付けの料理
(カニ料理、魚介のムニエル、甘エビ、鶏肉のソテーなど)

◯季節の旬を楽しむ

季節 おススメの日本酒 おススメの料理土佐の旬の食材・料理など
吟醸酒など香りの高い酒 春野菜や山菜の天ぷらなど
生酒など淡麗辛口の酒 夏野菜のおひたし、白和え、冷やっこなど
濃醇な味わいの純米酒 しいたけのステーキ、さんまの塩焼き、芋煮など
純米酒本醸造 鍋料理、おでん、もつ煮込みなど

酒に飲まれないコツ

❖牛乳を飲む

アルコールは胃や小腸の粘膜から吸収されます。酒を呑む1時間ほど前に牛乳を飲むと粘膜に膜が張られ、アルコールの急激な吸収を妨げてくれます。

❖料理を食べながら飲む

食事に含まれる油分が、牛乳と同様に粘膜からのアルコールの吸収を妨ぎます。

❖追い水を飲む

血中アルコールを薄めるために、酒と同量以上の水を飲むことが大切です。

❖楽しく飲む

同席する人たちと話をしながら、和気藹々と楽しく飲みましょう。