高知酒造・司牡丹酒造 新商品の紹介

平成29年3月23日(木)

本日は、高知酒造・司牡丹酒造の新商品紹介をしたいと思います。

まずは高知酒造の仁淀川吟醸生  酒720ml  税込み720ml 1940

真野杜氏初めての商品になります。限定品になり数に限りあり。

アルコール度数・・・・・20.1度    酸度・・・・・1.55

日本酒度・・・・・・・・+7.9     原料米・・・・高知県産吟の夢100%

おすすめ飲酒温度・・やや冷やして12℃  精米歩合・・・50%

高知酒造特有の吟醸香が香り(酵母は高知県酵母と協会酵母を使用)、アルコール度数が高いわりに酸度は抑えられているので飲みくは軽く感じる。 搾りは布袋に醪をいれ圧力を加えず自然にまかせて絞られている。

アルコール度数が高いので、ロックや追い水をご用意してゆっくりお飲み下さい。

司牡丹酒造

純米酒維新の里720ml 税込み1400

アルコール度数・・・・・16度      酸度・・・・・1.4

日本酒度・・・・・・・・+5      アミノ酸度・・1.1

原料米・・・麹米・・高知産 山田錦   原料米・・・掛米・・高知産 吟の夢

おすすめ飲酒温度・・・・冷やして10℃  精米歩合・・・65%

今までになかった司牡丹酒造のタイプ、純米酒でありながら吟醸酒並の華やかで、爽やかな香り(高知酵母CEL・18系)、純米にしてはキレが良く量が飲める。